お人形のこと

姫・殿の製造工程をご紹介いたします。

姫づくりの流れ

  • [写真] 胴組み-1

    1胴組み - 1

    固く束ねたワラを胴体の寸法に切り、上端の前後(左右4面)を斜めに削る。
    ※前を後より大きく削る。

  • [写真] 胴組み-2

    2胴組み - 2

    腕となる針金を断面に溝を作って通す。腕を肉付けする。木毛を紙で円錐状にくるんだものを2つ作り、針金の左右に通す。

  • [写真] 袴はかせ

    3袴はかせ

    ひざの部分に肉付けをする。形にあわせて袴をはかせる。底の部分に台形の厚紙を入れる。

  • [写真] 基えり付け

    4基えり付け

    生地を貼り合わせ短冊状にしたものを、土台となる首の形に巻きつける。少しずつずらして、一枚ずつ重ねていく。完成した物を胴体に固定させる。

  • [写真] 下えり巻き

    5下えり巻き

    基えりの上から、スソの重ねの順序に合わせて、さらにエリを巻く。

  • [写真] 表着と重ねのスソ付け

    6表着と重ねのスソ付け

    スソの表着、五衣と単衣を重ね、のりで張り合わせたものを胴体に留める。このとき重ねのズラシを等分にそろえて十二単衣の美しさを効果的に見せる。

  • [写真] 肉付け

    7肉付け

    脇部分から綿を入れ、優しい女性の体型を表現する。

  • [写真] 唐衣着せ付け

    8唐衣着せ付け

    唐衣の袖を通す。脇をかがる。唐衣のエリを接着する。

  • [写真] 中袖入れ-1

    9中袖入れ - 1

    唐衣の袖の中に、中袖を差し込み入れる。各々の袖がきれいに見えるように整える。

  • [写真] 中袖入れ-2

    10中袖入れ - 2

    内袖を袖の一番内側に差し入れる。

  • [写真] 振り付け

    11振り付け

    目打ちを腕の付け根の部分にしっかりとあてる。目打ちを脇に挟むようにして腕を内側に折り込む。

  • [写真] 仕上げ・完成

    12仕上げ・完成

    袖口から奥に綿を入れ腕にボリュームを持たせる。ひじの部分に目打ちをあてて、内側に折り込む。
    *扇を持たせられる角度を調節する懸帯・裳袴を付ける。

殿づくりの流れ

  • [写真] 胴組み

    1胴組み

    固く束ねたワラを胴体の寸法に切り、上端の前後(左右4面)を斜めに削る。
    *前を後より大きく削る

  • [写真] 手足取付

    2手足取付

    腕となる針金を断面に溝を作って通し、腕を肉付けする。また、足を差す位置を決め、左右対称にボンドで接着する。このとき足のつま先は、横・外に開く。

  • [写真] 袴はかせ

    3袴はかせ

    形を整えながら釘で止める。
    *いかにも袴をはいているかの様に見せる。

  • [写真] ラン付け

    4ラン付け

    着物の下半分を先に着せ付けていく。このとき円座の形状に合わせていかにもどっしりと座っているかのように見せる。

  • [写真] 基えり付け

    5基えり付け

    生地を貼り合わせ短冊状にしたものを、土台となる首の形に巻きつける。少しずつずらして、一枚ずつ重ねていく。完成した物を胴体に固定させる。

  • [写真] 表着着せ付け

    6表着着せ付け

    表着の袖を通す。

  • [写真] 綿入れ

    7綿入れ

    男の人の堂々とした体型をイメージして綿で肉付けをする。

  • [写真] 胸ボール付け

    8胸ボール付け

    綿入れと同じ考えで、肉付けの為のボールをつけて、余分な着物のスソを最後に巻き込む。その瞬間を作るためにこのボール板が必要になる。

  • [写真] 胸当て付け

    9胸当て付け

    着物の中心の切りっぱなしの部分を隠す。

  • [写真] 巻きエリ付け

    10巻きエリ付け

    切りっぱなしのエリ元を、巻きエリで隠す。

  • [写真] 振り付け

    11振り付け

    目打ちを腕の付け根の部分にしっかりとあてる。目打ちを脇に挟むようにして腕を内側に折り込む。

  • [写真] 仕上げ・完成

    12仕上げ・完成

    袖口から奥に綿を入れ、腕にボリュームを持たせる。ひじの部分に目打ちをあてて、内側に折り込む。平緒を付ける。

にんぎょっ子からのお願い

にんぎょっ子の商品は、すべて作家物です。その為、一点のみの商品も多く、当サイトには掲載されていない商品も数多く取り揃えております。また、お客様にご納得いただきたいことから、店頭での販売のみとさせていただいております。お子様の成長を見守る、大切なお雛様。是非お店へ足をお運びください、

皆様のご来店を心よりお待ちしております。 ※遠方のお客様で直接店頭へお越しいただけない場合はお気軽にご連絡ください。

TEL:054-257-3983 受付時間 9:00~19:00(平日のみ)